ニュース

プラスチック資源循環促進法が参院本会議で可決、成立 (2021.6)

 「プラスチック資源循環促進法」(プラスチックに係る資源循環の促進等に関する法律)が2021年6月4日、参院本会議で可決、成立した。2022年4月に施行される見通しだ。この法律は、多様な物品に使用されているプラスチックに関し包括的に資源循環体制を強化し、製品の設計からプラスチック廃棄物の処理までに関わるあらゆる主体におけるプラスチック資源循環等の取組を促進するための措置を講じるものだ。

 具体的には、メーカー等が務めるべきリサイクルを前提とした「環境配慮設計」に関する指針を策定し、この指針に適合した製品であることを認定する制度を新設し、認定製品を積極的に購入するよう後押しする。小売業者や飲食店などには使い捨てのスプーンやストローなどプラスチック製品の提供方法の見直し、削減を求める。(有料化や代替素材の使用など)また、家庭から排出されるおもちゃやハンガーなどのプラスチック製品を市町村が分別収集・再商品化する仕組みなども設ける。更に、企業から出るごみについても、プラごみの大量排出企業を対象に排出抑制やリサイクルを義務づける。(以下は、環境省が発表した概要資料)

 

詳しくは→(環境省)https://www.env.go.jp/press/109195.html

→(経済産業省)https://www.meti.go.jp/press/2020/03/20210309004/20210309004.html

 

2021-06-06 | Posted in ニュース |