ニュース

シンガポール航空、持続可能な航空燃料(SAF)を初搭載  (2022.7)

 共同通信グループNNAによると、シンガポールのチャンギ空港で、シンガポール航空と傘下の格安航空会社(LCC)スクートの航空機に持続可能な航空燃料(SAF)が初めて搭載された。国内で環境負荷の少ない航空燃料を試験導入するプロジェクトの一環となる。 同プロジェクトでは、シンガポール民間航空庁(CAAS)とシンガポール航空、政府系投資会社テマセク・ホールディングスが協力し、持続可能な航空燃料を利用する。テマセクは、脱炭素事業の投資子会社ジェンゼロ(GenZero)を通じて参画している。

 フィンランドのエネルギー大手ネステ社が供給する航空用バイオ燃料と米エクソンモービルのジェット燃料の混合燃料を使う。今後1年間、シンガポール航空とスクートのチャンギ空港発の便で試験的にSAFを利用する。使用する燃料は1,000トンで、約2,500トンのCO2の削減効果を見込んでいる。

詳しくは、→https://nordot.app/919272747162943488                            →https://www.singaporeair.com/en_UK/us/media-centre/press-release/article/?q=en_UK/2022/July-September/jr0822-220707

(関連情報)                                                                          シンガポール民間航空庁、シンガポール航空、及びテマセク・ホールディングスは、シンガポールでのSAFの利用を促進するために、SAFクレジットの販売を2022年7月から開始すると発表した。

詳しくは、→https://www.singaporeair.com/ja_JP/jp/media-centre/press-release/article/?q=en_UK/2022/April-June/jr0722-220608

シンガポール民間航空庁、シンガポール航空、及びテマセク・ホールディングスは、SAFを供給および提供するベンダーとしてExxonMobil社を決定したと2022年2月、発表した。

詳しくは、→https://www.singaporeair.com/en_UK/us/media-centre/press-release/article/?q=en_UK/2022/January-March/jr0222-220211

2022-07-13 | Posted in ニュース |