ニュース

環境省と国立環境研究所 2020年度の温室効果ガス排出量(速報値)を発表 (2021.12)

  環境省と国立環境研究所は、2020年度(令和2年度)の日本の温室効果ガス排出量(速報値)を取りまとめた。2020年度の温室効果ガスの総排出量は11億4,900万トン(CO2換算)で、前年度比5.1%減(2013年度比18.4%減、2005年度比16.8%減)だった。コロナ禍による経済活動の停滞が主な要因と見られる。

 各温室効果ガスの排出量、部門別の排出量等については、下記サイトを参照ください。     →https://www.env.go.jp/press/110272.html                                                 詳細な増減要因分析は、2022年4月(予定)の確報値公表の際に実施する予定。

 

2022-01-11 | Posted in ニュース |