ニュース

環境省 COP26(国連気候変動枠組条約第26回締約国会議)等の結果について発表  (2021.11)

 環境省は、英国・グラスゴーで令和3年10月31日(日)から同年11月13日(土)にかけて開催された、国連気候変動枠組条約第26回締約国会議(COP26)、京都議定書第16回締約国会合(CMP16)、パリ協定第3回締約国会合(CMA3)の結果について発表した。日本からは、岸田文雄内閣総理大臣が世界リーダーズ・サミットに出席し、2030 年までの期間を「勝負の 10 年」と位置づけ、全ての締約国に野心的な気候変動対策を呼びかけた。また、山口壮環境大臣が閣僚級交渉に出席し、外務省、環境省、経済産業省、財務省、文部科学省、農林水産省、国土交通省、金融庁、林野庁、気象庁の関係者が参加した。
 2週間にわたる交渉の結果、COP24 からの継続議題となっていたパリ協定6条(市場メカニズム)の実施指針、第 13 条(透明性枠組み)の報告様式、NDC 実施の共通の期間(共通時間枠)等の重要議題で合意に至り、パリルールブックが完成した。
 
2021-11-18 | Posted in ニュース |