ニュース

地球・人間環境フォーラム等環境12団体、「バイオマスに関する日韓NGO声明」を発表 (2021.10)

 2021年10月21日、日本と韓国で共通するバイオマスエネルギーに関わる問題を懸念する両国の市民団体、地球・人間環境フォーラム、バイオマス産業社会ネットワーク、Solution for Our Climate(SFOC)と米NGOマイティ・アースは、国際メディアブリーフィングを開催し、日韓の首脳に宛てた両国NGO12団体によるバイオマスに関する声明を発表した。また、同日をバイオマスエネルギーの大量使用問題に関して世界中の環境団体が立ち上がる「ビッグバイオマス国際行動デー」とした。声明の主な要請内容は、

1. 全ての再生可能エネルギーがパリ協定の 1.5 度目標と整合し、そのライフサイクルを通じて、短期的な排出削減に貢献することを義務付ける。                                                                      

2. 発電のみの木質バイオマス発電所の新規建設・新規稼働を直ちに停止する。                              

3. バイオマス発電のための一連の包括的な環境基準を導入し、すべての既存の木質バイオマス発電所が以下に適合することを確保する。
a) ライフサイクル GHG 排出量の報告
b) パリ協定の目標に沿った厳しい排出規制
c) 木質バイオマス燃料の持続可能性基準
d) 木質バイオマスエネルギーのカスケード利用                                                 

4. COP 26 の世界首脳会議において、森林と土地利用について、森林減少の停止と回復のために強力な政治的コミットメントを示す。2030 年までに森林減少を止めるというニューヨーク宣言 (NYDF) の目標の達成に取り組む。

 また、メディアブリーフィングの発表内容は、下記サイトに掲載されている。

https://www.gef.or.jp/info/korea-japan-biomass-ngo-statement/

 

 

 

2021-10-28 | Posted in ニュース |