展示会&セミナー情報

国際環境NGO FoE Japan 「EUの動向から考えるバイオマス発電の先行き」 2021.10.12 オンラインセミナー開催

   国際環境NGO FoE Japanは、EUの動向からみるバイオマス発電の持続可能性についてオンラインセミナーを下記の要領で開催する。                                                                         

 近く、 EUの再生可能エネルギー指令(EU-RED)が改定される。 バイオマス発電については、 もともと森林からの土地利用転換を伴って生産された燃料を除外するなどの持続可能性基準が設けられていたが、 生態系、生物多様性への影響を最小限とすること、 カスケード利用など基準が厳しくなる方向だ。また、 イギリスでは新規バイオマス発電の温室効果ガス排出量の上限を厳格化、 オランダではバイオマス事業への新規補助金を一時停止するなど、 バイオマス発電をとりまく状況は急激に変わってきている。

 同団体はバイオマス発電の持続可能性に関する連続セミナーを実施しているが、より一層の厳格化に動き出したEUのバイオマス政策の最新情報について、 現地イギリスとオランダの専門家による講演をもとに、 日本のバイオマス発電の今後について考える。

●日時:2021年10月12日(火)19:00~21:00                                                    ●タイトル:オンラインセミナーシリーズ バイオマス発電の持続可能性を問う-FIT制度への提言
 第6回 EUの動向から考えるバイオマス発電の先行き                                             ●参加費:無料
●主催:国際環境NGO FoE Japan
●共催:バイオマス産業社会ネットワーク
詳しくは→https://www.foejapan.org/forest/biofuel/2020.html#shiryo

 

2021-10-06 | Posted in 展示会&セミナー情報 |