展示会&セミナー情報

オンラインセミナー「カカオの持続可能性を考えるーガーナの森林減少と児童労働」2021.4.20開催

 「カカオの持続可能性を考えるーガーナの森林減少と児童労働」と題したSDGsとサプライチェーンセミナーが、地球・人間環境フォーラム、マイティ・アース(Mighty Earth)、熱帯林行動ネットワーク(JATAN)の主催で、下記の要領で開催される。

 日本で消費されるチョコレートの原料カカオの大半は、ガーナで生産されているが、西アフリカ、サハラ砂漠の南に位置するガーナでは近年、森林が急速に減少し、国立公園や保護区におけるカカオ生産の拡大もその一因と指摘されているという。アジア最大のチョコレート市場である日本のサプライチェーンと、森林減少や児童労働との関わりを断ち、持続可能なカカオの消費国となるためには、どのような取り組みが求められるのか。カカオ生産と森林減少の関連を調査し、欧米のチョコレート業界に働きかけてきた米NGOのマイティ・アースから、ガーナの現状とチョコレートの「グローバル・スコアカード」について、また、児童労働問題の専門NGO ACEより、ガーナの児童労働問題とその現状の発信をもとに、カカオの持続可能性について考える。

■日時:2021年4月20日(火) 13:00~15:00
■協力:プランテーション・ウォッチ、認定NPO法人ACE
■開催方法:ZOOM (同時通訳あり)

詳しくは、→https://www.gef.or.jp/news/event/sustainable_cacao_0420/

2021-04-15 | Posted in 展示会&セミナー情報 |