ニュース

経産省 バイオ由来製品生産技術の開発支援 2020年度第3次補正予算案計上 (2020.12)

 経済産業省は、「カーボンリサイクル実現を加速するバイオ由来製品生産技術の開発事業」として2020年度第3次補正予算案15億円、2021年度予算案を調整計上した。

 本事業では、カーボンリサイクルの実現と化学工業プロセスの省エネ化に向けて、バイオプラスチックや燃料のような大規模生産を要する多様なバイオ生産物の実生産に向けて必要となる試作・検討が可能なバイオファウンドリ生産基盤技術の確立を目指す。民間企業や大学と協力して、①培養データの収集、蓄積  ②統合情報解析システム ③リアルタイムモニタリング技術 ④自動制御技術 ⑤培養タンク最適化などが可能なバイオファウンドリ生産拠点を構築する。整備した拠点は共用として解放し、ベンチャー企業等が有するシーズのスケールアップ実証や、ニーズとシーズのマッチングの拠点として活用する考えだ。

(経済産業省ホームページより)

https://www.meti.go.jp/main/yosan/yosan_fy2020/hosei/pdf/hosei3_yosan_pr.pdf
https://www.meti.go.jp/main/yosangaisan/fy2021/pr/en/sangi_taka_15.pdf

 

2021-01-05 | Posted in ニュース |